<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
お伊勢巡り 〜鳥羽・二見編〜
「なかなかよかったですよ。日本でも最大級らしいですし。」

夏期休暇前に髪切りにいったときに、美容師さんがゆうてた一言。
ちょうど4〜5日前に行ってきはったみたいで。

昔行ったことあるけど、正直そんな印象はなかってんけどな〜。
喋ってても、ちょいちょい噛み合へんし。


てな訳で、この目で確かめに行きました、鳥羽水族館。

d0018837_21215625.jpg

「え、もしかしてこれ?」

d0018837_21221998.jpg

なるほど、噛み合へん訳です。平成二年に新しくなったようです。全然知りませんでした。最後に行ったのは、小学校の頃やったもんで。

入場料も最大級。大人2400円です。

マンモス駐車場はあっても、チャリ置き場なんぞ存在しません。駐車場のおっちゃんの横に置かせてもらいました。

d0018837_21223684.jpg

で、美容師さんお勧めやったマナティを拝見。

d0018837_2123394.jpg

なかなかかわいいじゃないすか。館内でも人気の水槽でした。

d0018837_21233612.jpg

みんなデジカメや携帯でパシャパシャ撮ってたけど、果たして綺麗に撮れてるんやろか?フラッシュ禁止なので、ISO800ぐらいまであげないと、無邪気に泳ぎ回る様子をボケずに撮るのは無理でした。

d0018837_21235914.jpg

魚類に疎いので、海獣と呼ばれるわかりやすいもの以外は、正直よーわかってません。

d0018837_21241341.jpg

こっちがジュゴンです。マナティの方がでかかったので、ちょっとかわいらしく見えましたね。

d0018837_21242262.jpg

あとは、一通り館内をぶらりと歩く。

d0018837_212579.jpg

クラゲさん。水槽で見ると綺麗やけど、一緒に泳ぐのは勘弁です。

d0018837_21252423.jpg

えさがなくなったので、もう降りろと。

d0018837_21294734.jpg

海を挟んで、向こう側は『ミキモト真珠島』です。


昼飯も食わずに鳥羽水族館まで来たので、お腹はぺこぺこ。

ことりっぷ』見て、鳥羽周辺でうまそうな店を検索。

d0018837_21253662.jpg

昼飯は、『天びん屋本店』さんに決定。

「20分ほどかかりますが、よろしいですか?」

うまいもん食うには時間がかかります。

待つこと、20分。

d0018837_2126255.jpg

その名も『海女の釜めし』。オーダーが入ってから炊き始めるため、できたてホヤホヤ。うまくない訳ありません。実際、めっちゃうまかったです。せっかく鳥羽まで来たんやし、海の幸を堪能しとかんとね。

d0018837_2126121.jpg

おいしかったですとお礼を言って、天びん屋さんを後に。まだまだ一日は長い。鳥羽を出て、北へ向かって走り出しました。

d0018837_21262496.jpg

日頃の行いが良すぎるので、天気が良く、空が綺麗でした。海も緑もまた綺麗。

d0018837_21263826.jpg

ここもベタスポット。修学旅行や伊勢旅行でみんなが行くであろう、二見浦の『夫婦岩』。

隣に二見シーパラダイスがあって、『あっかんべーアザラシ』とかが見れますが、何年か前に行ったことがあるので、今回はパス。


この時点でまだ午後三時前。ちょっと疲れてきたので、のんびり漕ぎながら伊勢へと向かいました。


締めは河崎でゆっくりしようかと。


photo gallery
[PR]
by mssystk | 2008-08-31 22:36 | 観光
お伊勢巡り 〜伊勢から鳥羽へ編〜
内宮のすぐ横には、おはらい町があります。

d0018837_142217.jpg

江戸時代にここでお祓いが行われていたことにちなんでいるそうです。

d0018837_15424.jpg

昨年大ブームを引き起こした赤福さんです。僕にとっては全然どーでもいいニュースでしたが。うまかったら別にええやんってね。

d0018837_151915.jpg

ここは宇治橋からおはらい町に入ってすぐのお店です。甘いもん食べたかったんでフライング気味に入りました。

d0018837_153180.jpg

京都でも買えたりしますが、伊勢で食うたら1.2倍うまいです。

d0018837_164071.jpg

ちょっと歩くと、おはらい町に隣接しておかげ横町があります。まあ、自転車の僕には、おみやげを持って帰れる訳もなく。完全にひやかしとして通り過ぎました。

d0018837_171067.jpg

こっちが本店やったみたいです。前述の『山口屋』のおばちゃんが、

「おはらい町に赤福の本店があるから、店頭で買わんと中まで入ってゆっくり食べたらええわ。」

ってゆうてたので、慌てて入ったのがさっきの内宮前支店。空いてたしちょうどよかったですけどね。

d0018837_17202.jpg

チャリ置き場に戻る途中、また甘いもんが食べたくなったので、おとうふソフトを頂きました。生乳のソフトよりも後味がすっきりしててうまかったです。これ、結構おすすめです。

d0018837_175386.jpg

宇治橋前のチャリ置き場に到着。実は、これ以降な〜んにも考えてなかったんで、おはらい町をブラブラしながらどこ行こか考えた結果、時間がたっぷりあるので山を越えて鳥羽を目指すことに。

d0018837_181619.jpg

鳥羽へは県道37号線一本道。神宮以外なんにも知らない伊勢の風景を眺めつつ、ひた走る。

d0018837_182724.jpg

ふと見れば、『神宮神田』なるものが。こんなん全くノーマークでした。車やったら見逃してたかもしれへんなと、自転車を推してみる。予期せぬことが起こるのが、ノープラン旅行のええところ。

d0018837_118885.jpg

旅行二日目は、のんびり走ろうと思ってたのに。結局また山を登ってました。

d0018837_183730.jpg

『世界の車窓から』見える風景から。なんとなく、家の前を通ってる近鉄が、いつまでもついて来てるような錯覚に陥る。

「近鉄で来れるがな。」

d0018837_184892.jpg

下りに差し掛かり、鳥羽市へ突入。下りはめっちゃ気持ちええです。

d0018837_185850.jpg

やっとこさ鳥羽駅付近まで到着。


では、これから鳥羽散策。


photo gallery
[PR]
by mssystk | 2008-08-31 02:25 | 観光
お伊勢さん 〜内宮編〜
外宮を後にし、次は内宮へ。

県道32号線をチャリで南下し、15分弱。


伊勢神宮の内宮に到着しました。

d0018837_0402627.jpg

内宮の入り口、宇治橋です。

d0018837_04116.jpg

京都の宇治市民にとって、『宇治橋』と言えば宇治川の平等院下流に架かる橋。伊勢に行って、「宇治から来ました。」って言うと、みんなリアクションが微妙でした。伊勢にも宇治って地名があるんですよね。

d0018837_0411786.jpg

宇治橋を渡って、御正宮を目指す。当たり前のことですが、伊勢神宮にはゴミ一つ落ちていません。掃除も徹底してるのでしょうが、参拝する人の意識の問題かと。やればちゃんとできるんやん。

d0018837_0413315.jpg

火除橋。中は結構広いです。

d0018837_0415217.jpg

御手洗。ここで身を清めます。水綺麗です。

d0018837_0422334.jpg

神楽殿付近。御正宮はもうちょい先です。

d0018837_0425219.jpg

こちらもやっぱりすごい木。歴史を感じます。

d0018837_0431182.jpg

カメラを上向けてる人、もしくは木を撮ってる人。あんまりいませんでした。

d0018837_0434654.jpg

目線を変えてみれば、美しいものはそこらじゅうにあるのにね〜。

d0018837_0441566.jpg

御正宮到着。外宮の御正宮と同様、神聖な場所なので写真撮影はこの石段の下からしかできません。

d0018837_7265819.jpg

平成25年に御正宮はすぐ隣の敷地にお引っ越しです。20年ごとに遷宮が行われていて、次で62回目だそうです。

d0018837_0445851.jpg

荒祭宮。内宮の裏側にあります。

d0018837_0454292.jpg

風日祈宮橋。橋は全て木造です。

d0018837_0455492.jpg

風日祈宮。内宮には別宮がふたつあります。

d0018837_7205871.jpg

内宮参拝を終え、宇治橋に戻ってきました。ざっと40分ってところです。

内宮の方が観光客が多かったです。時間帯もあると思いますが。

個人的には、内宮より外宮の方が静かな趣きでよかったです。なんか団体客とかみてしまうと、ついついお金の臭いを感じてしまうので。清々しい気持ちで参拝したいですからね。


これで、今回の旅の目的は達成。あとは何でもアリです。

この時点でまだ朝の10時前ですから。

とりあえず、宇治橋を後にし『おはらい町』へ。


photo gallery
[PR]
by mssystk | 2008-08-30 08:19 | 観光
お伊勢さん 〜外宮編〜
「お伊勢参りは外宮から内宮へ。」

旅行2日目の朝。

朝食をすまして、まずは伊勢神宮の外宮へ。

麻吉さんからチャリで坂を下れば、すぐそこでした。

d0018837_028391.jpg

表参道火除橋。ここを渡ると神域です。

d0018837_029177.jpg

北御門鳥居。鳥居をくぐるときは、一礼するもんなんですね。

ほかの人の様子を伺いながらが、一番勉強になります。

d0018837_0291898.jpg

まだ八時過ぎだったので、心地よい風。大好物です。

d0018837_029369.jpg

先の御正宮を目指して、てくてく歩く。

d0018837_030056.jpg

御正宮。まわりにそびえ立つ木がヤバい。大好物です。

d0018837_0303332.jpg

チラリズム。風のいたずらで向こうが見えました。

d0018837_030528.jpg

御正宮を後にし、別宮を目指します。

d0018837_031744.jpg

土宮。外宮内には3つの別宮があります。

d0018837_0312935.jpg

多賀宮へと続く階段。朝早かったおかげで、ナイス木漏れ日。大好物です。

d0018837_0315298.jpg

多賀宮。高いところにあります。

d0018837_0321051.jpg

風宮。低いところにあります。

d0018837_0322793.jpg

もうひとつの表参道火除橋。ここで一通り外宮参り終了。

お参りしたあとは清々しいです。

この時点でまだ九時前。ゆっくりお参りした割には、そんなに時間が経ってませんでした。


さあ、次は内宮へ。


photo gallery
[PR]
by mssystk | 2008-08-26 00:27 | 観光
お伊勢さん 〜お宿編〜
新しいばかりが、良いとは限らないので。

今回お世話になったのは、伊勢市は古市にある「麻吉」さんです。

d0018837_1011486.jpg

駅からは少し離れていますが、自転車なんで何の影響もなし。車で来ても駐車場があるし、電車で来ても近鉄宇治山田駅からタクシーですぐです。

d0018837_1014574.jpg

昔はこの周辺にも旅館がいっぱいあったみたいですが、今残っているのはこの麻吉さんだけです。

d0018837_102667.jpg

ぼーとしてると見逃してしまいそうなぐらい、住宅地の中にぽつんと建っています。周りには飲食店どころか、コンビニすらないところです。

d0018837_1023064.jpg

麻吉さんの写真ばっかり並べてるんで、こうゆう界隈に見えますが、いざ道に出れば普通の民家が並んでるごく普通の町並みです。

d0018837_1024772.jpg

小高い丘に建ってるので、どこが何階になるのかよーわかりませんが、階段に沿って面白い形で建っています。

実は、写真を撮ろっかなって思うと、この渡り廊下にタオルケットとか干したりしたはるんで、なかなかタイミングが難しかったです。僕は2泊してたので時間がありましたが、1泊やとチャンスがなかったかもしれませんね。

d0018837_1031099.jpg

お盆も過ぎて、平日と言うこともあり、2日とも宿泊客は僕だけでした。なので、夜は15畳もある広い部屋でのんびりオリンピック観戦できました。

d0018837_1034647.jpg

建物は古いけど、部屋にトイレがあったり、共同の風呂場はシャワーもちゃんとあります。便利すぎる世の中なので、多少の不自由を思い出せたり、人情あふれる古い旅館や民宿が僕は好きです。旅館のおばあちゃんが、「洗濯もんあったら洗といたろか〜?」とか気ぃ使ってくれたしするし。

d0018837_1041992.jpg

窓を開ければ心地よい風が入ってきます。同時に虫もいっぱい入ってきますが…。

汗かきなんで、閉め切ってエアコンつけてました。

d0018837_11462935.jpg

今では旅館のすぐ横を伊勢自動車道が通っています。向こうに見える山を越えると鳥羽です。

d0018837_1043169.jpg

いつでも入れる露天風呂がある豪華な旅館もよし。規則正しい生活に戻せる昔ながらの旅館もまたよし。

d0018837_105184.jpg

なんしか、旅は雰囲気でするもんやと思ってます。


では、次で本題に戻ります。


photo gallery
[PR]
by mssystk | 2008-08-24 12:42 | 観光
お伊勢さん 〜行きしな編〜
いつも夏期休暇はのんびり過ごす。

もしくはスケート。

今年はちょっと志向を変えてみました。


「そー言えば、伊勢神宮って行った事なかった。」

とゆうわけで、二泊三日の伊勢旅行に決定。

間際まで準備かかって、伊勢目指して出発。

d0018837_12122491.jpg

早朝の腹ごしらえに吉牛。パワー蓄えとかなあきませんし。

何故なら…。
d0018837_12125054.jpg

『by bicycle』
d0018837_1213535.jpg

京都を南下し、R163から三重県を目指すルート。R163は大型トラックがいっぱい走ってて、なおかつ道がゆうほど広くないので、いかに車との共存ができるかが決め手。
d0018837_12312583.jpg

結果、ただ邪魔しにいっただけでした…。めっちゃ怖かった〜。思ってるより「車は人に優しくない」ですよ。ベンツやハイエースなんかに乗った、ちょっと強くなったつもりな人達にはたびたびクラクション鳴らされます。
d0018837_12314361.jpg

小学校の頃、この辺りに泳ぎに来て、夏休みの宿題で向こうに見える鉄橋の絵を描いた事があります。もちろん入選しました。(たぶん)

ダムもそうですけど、こういった自然の中の人工物ってなんか魅力を感じます。

笠置町を越えて、京都府唯一の村、南山城村へ。
d0018837_12315992.jpg

こんなところでアピールせんでも。『I ♡ N.Y.』な感じで書いたんかはわかりませんが、冷静に考えたら『愛愛憲法九条』、もしくは『LOVE LOVE 憲法九条』になってますよね。

d0018837_12322078.jpg

この南山城村が結構しぶとくて、アップダウンがかなりあります。
「どうせ下がるんやったら上がんなや。」って何度つぶやいたことか。

そんな村を越え、やっとついた伊賀上野。

d0018837_12323153.jpg

今は上野市ではなく、市町村合併で伊賀市になってます。合理的なんか知らんけど、馴染んだ地名が変わってしまうのはやっぱり抵抗ありますね。

d0018837_1232424.jpg

通ったことはあれど、立ち寄ったことはありませんでした。

d0018837_12325513.jpg

上野城に着いたのが午前九時前。朝早過ぎてなんにもやってなかったので、ぶらっと歩いて先を急ぎました。

そっからひたすら田舎道を走り続け、最後の難関「長野峠」へ。

d0018837_1233935.jpg

国道が整備されて、峠道も広くなってますが、トンネル内の歩道は狭かったりします。たぶん、通る訳ないやろってことなんでしょう。下りだったので、車道を走って通り抜けましたが、結構長いトンネルだったので相当怖かったです。なんしか反響する車のエンジン音がハンパじゃないんで。車の中からは味わえない恐怖です。

新長野トンネルを越えればひたすら下り。ようやく津市まで出られました。

d0018837_12332269.jpg

この近鉄久居駅が家からちょうど100km地点。まだまだ先は長いけど、ここまで来たら一安心。

ちゃんとした地図がなかったので、こっからはなんとなくで探り探り走りながら、結局伊勢市に着いたのは午後2時。近鉄久居駅から駄目押しの38kmでした。

とりあえず、なんか昼飯食いたいってことで、伊勢の名物『伊勢うどん』を食べに。

d0018837_12334868.jpg

山口屋」さんです。お昼はもう過ぎてたので、貸し切り状態。とにかく腹減ってたので、伊勢うどんの写真撮り忘れました…。店のおばちゃんに伊勢うどんのこと、伊勢の見るとことか教えてもらいながらゆっくり休憩してました。ここのうどんはここでしか食べられない、すべて自家製です。めっちゃうまいですよ!

d0018837_13313368.jpg


あとは惰性で伊勢市内をうろちょろし、早めに宿泊先に到着。

次は、宿泊先をご案内します。


[20日 走行距離 149km , 平均時速 22km]

photo gallery
[PR]
by mssystk | 2008-08-23 14:56 | 観光
遥かに望む大比叡の
厨房は、こんなところにもあります。

d0018837_435049.jpg

比叡山のとある谷を下ったところにあるお寺。

d0018837_4352116.jpg

夏休みを利用して小学生がお寺に泊まりにくる行事だそうです。朝昼晩と食事を提供する食堂の機器の修理でした。

あー、雨降らんでよかった。


しかしまあ、休みの前日にこんな階段を上り下りするとは…。道具忘れて2往復しました。

d0018837_4353284.jpg

ざっと、250段です。僕の車では、降りる事はできても確実に登れないので、やむを得ず徒歩にて。



また間の悪い事に、帰ろうと登り始めると、ちょうど小学生達が降りてきました。

小学生はおよそ50人ぐらい。すれ違うたびに、

「こんにちは〜!」


そら当然、返しますわな。

「は〜い、こんにちは〜!」


誰やねん、俺は…。



今日から5連休。しっかり休みます。
[PR]
by mssystk | 2008-08-20 04:39 | 仕事
京都名物。

上は今だけ。下は年中。
d0018837_21294950.jpg


足湯ならぬ、足水ですか。
d0018837_2130493.jpg

ええとこにおるやん。ファンサービスやな。
[PR]
by mssystk | 2008-08-14 21:40 | 京都
夜遊びしたあとは
ガソリンが高い昨今ですから。

動力は自分。

d0018837_0562970.jpg

ちょっと前まで、自転車道が近くにあることを、

なーんともおもとりません。

でした。


知りませんでしたから。


タダでスイスイ走れるんやから、こら走っとかなあきまへんがな。

途中で引き返すのが勿体無い、最終的には終点まで。


相も変わらず貧乏性。

d0018837_04481.jpg

夕刻の堤防は、ちっさい虫の大群『ムッシムラムラ』が多いので、なんらか眼鏡らしき物の必要性を感じます。



帰りは狙い通り、宇治川花火大会。

d0018837_0442224.jpg

真下で観るもよし、遠くで観るもまたよし。
しかしまあ、規模が小さくなったこと。

世の中、カネですな。

こんなとこでは裏目に出てしまう、GR Dの28mm単焦点。



大文字は、近くまで観に行ってみよかな。
[PR]
by mssystk | 2008-08-12 00:43 | 自転車
SOLAR PREMIERE
イベントに来てくれた方々、ありがとうございました!

いろいろありましたが、楽しいイベントになってよかったです。

d0018837_1435898.jpg

今回は僕もスタッフとしてお手伝いさせてもらいました。

d0018837_14414066.jpg

2ヶ月前に主催者の千知岩君からDJのオファーがありまして、喜んでさせてもらうことに。こんな機会なかなかないですからね。

こんな高いミキサー、どう使っていいかもわからんかったぐらいで。
時間がなかったんで、CDJには触りもしてません。

d0018837_152277.jpg

オープンしても間もなく、結構人が入ってくれたので嬉しかったです。ただ、まさか僕が回してるとは思わなかったようで、みんな全然気づいたはりませんでした。ある意味「大・成・功」。

d0018837_1524275.jpg

メインの試写会のときには、会場いっぱいの人。

d0018837_1525938.jpg

ゆっくり観たかったけど、そうもいかなかったので。

d0018837_15235199.jpg

試写後もちょこっとだけDJさせてもらって、無事イベント終了!

d0018837_1524293.jpg

チグさん、ちぢいわ、お疲れさまでした!

えー、テンパってた証拠として、ヘッドフォンと針をブースに着けっぱなしで会場を出るとゆう、あわや大惨事となるところでした…。

それと、会場で配ったMIX CDですが、ちょっとしか用意できなかったので、もしよかったらこちらからどうぞ。

打ち上げは隣の居酒屋で。

東京から来てくれたシンペイ君、ショウ君、テツ君、アスポの大会後から大阪に来てたチアキとマサ。

あ、あとザビもいました。

d0018837_15241223.jpg

たぶんこの様子は、ちぢいわの為のスペシャルフードを調理中なんやないかと。食べた当の本人は、相当気持ち悪そうにしてました。

d0018837_15243947.jpg

『自由はあるのか自由が丘!』でお馴染みのチアキです。

その後、三角公園で飲みつつ、スケート大好きのお兄ちゃん達はハンドレール大会へ。

d0018837_15245186.jpg

チアキがいる時は、よく目にする光景ですね。

d0018837_15252873.jpg

なんしか、楽しい一日でした。


またみんなでなんかやりましょう!
[PR]
by mssystk | 2008-08-10 15:51 | Inline skate