<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
どーでもいい話
僕のホームページやこのブログについてですが、一部には話してますがほとんど知らない人ばっかりやと思うんで、ここでちょっとネタばらしをします。

まず、僕のホームページ「buffet」について。

インラインスケートの写真とか動画をみんなにも観れるように、どっか置き場所が欲しいなって思ったのがホームページを作ったきっかけ。それ以外に大した意味はありません…。作るにあたって、サイト名を考えなければならなかったんですが、うちの猫の名前からも解るように、名前を付けるのは大の苦手。ただ、インライン○○とか、スケート○○とか、いかにもって名前だけは避けようとは思ってました。

そんな時に気になったのが、その当時聴いてたコンピレーションアルバムのタイトル、「buffet style」。ホテルのレストランなどに見られるブッフェ形式、いわゆるバイキングのことをさすこの言葉。好きな物を選んで取っていくってゆうのが、なんかイメージぴったりやなって思ったんで、「buffet」と名付けました。また、自身が業務用の厨房機器に関する仕事をしてるので、「ありやな」とも思いましたんで。まあ、知らん人にしたら何のこっちゃわかりませんわな…。

次にこのブログのタイトル「Ritmo do samba」について。

これも何のこっちゃわからんでしょう…。一見するとポルトガル語で凝った名前やなと思うかもしれませんが、由来は大したことありません。

ホームページを立ち上げる前から掲示板を作って仲間内で使ってたんですが、その掲示板のコメント欄に書いたのが「サンバのリズムで♪」でした。

ほな、それは何やねんとゆうと、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』の『ハイテンションベストテン』で、ココリコの遠藤がやってた”ほほほ〜い”のサンババージョンで歌ってたフレーズです。「サンバのリズムを知ってるかい?♪」で始まり、最後は”ほほほ〜い”で締めるとゆう内容。いやー、遠藤テンション高かったわ〜。

そのフレーズが頭に残ってたのと、元々ブラジリアンな音楽が好きなんで、掲示板のコメント欄に「サンバのリズムで♪」と書いてた訳です。いわばサンプリングですね。「RItmo do samba」とは、それをブラジルの公用語であるブラジルポルトガル語に直訳しただけのことです。

以上、どーでもいい話でした。

でも、スケートするにも何するにせよ、リズム感って大事ですもんね。中学校の時は、サッカー部の練習時に、顧問の先生がラジカセでサンバをかけてくれてたこともありましたし。

「サンバのリズムでドリブルせぃ〜!!」ってね。
[PR]
by mssystk | 2006-07-24 01:10 | Inline skate
うっぷん
なんかついてないわ〜。

あんまストレスが溜まらない僕ですが、最近の仕事の状況にはイライラしてます。

なんぼ尻拭いせなあかんねん…。

自分のミスならまだしも、他人のミスがこっちに降りかかってきてばっかり。辞めた人とかどっか行った人とか。お客さんもゆう相手がおらんもんやから、残された僕にゆうしかないんでね。しかも、その内容が同じサービスマンとは思いたくもないような低レベルなことで。あいつはこんなんも直せへんのか!!って、僕に言われても…。かばうにも限界があるわ。

サラリーマンとはそうゆうもんやろうからしゃーないけど、効率よく仕事がしたい僕にとってはあまりにも重荷になってくるわけで。最近はクレーム処理的な仕事が増えてきましたし。まあ、そんな立場になってきたってことでしょう。

でも、ある本にも書いてありましたが、常識論を唱えすぎるのはよくないみたいですね。「そんなん当たり前やろ!!」って当たり前が何なんかわかってない人に言ったところで、到底理解できる訳が無い。それがなんで当たり前なんかってところからスタートしないと。話す相手が一般的な常識レベルまで達してるとすごく話が早いんですが、今の僕の置かれた環境は必ずしもそうではない訳で。だから倍疲れる。1言って10解ってくれる人ばっかりやったらめっちゃ楽やのになー。

よその会社はどんなもんなんやろ?
[PR]
by mssystk | 2006-07-23 02:13 | 仕事
休日返上
調子乗ったりました。

溜まってる仕事をやってしまおうと、海の日にもかかわらず自主的に出社。

どーせ雨やし。

しかしまあ祇園祭には可哀想なぐらいよー降りましたね。昨年の山鉾巡行の観客と比較すると6万人減だとか。

厨房の修正図面が届き次第、機器の定期点検の資料をまとめるように言われてたんやけど、図面は届くこと無く、しかも金曜日になって急遽今日中に出せとの命令。そんな日に限って、朝から元請業者と電話でもめたり、改装店舗の機器の試運転を頼まれて現場に行ってみれば、据え付け不十分でダメ工事をするハメになるなど、散々な目に。

とどめは違反切符。疲れきって体も思考も弱って次の現場へ運転していた22時過ぎ、道を間違い「もうええわい!」って強引に信号待ちの交差点でUターン。すると、目に入ってきたのはお巡りさん…。

「うわっ!、交番の目の前やった…。」

どっちかってゆうと、向こうの方がびっくりしてた様子。

「自分、それはないやろー!交番の前やで。」

ごもっともなお巡りさんの第一声。あっさり切符切られました。ついでにイライラしてたんでお巡りさんに悪態つくなど八つ当たりしてしまいましたが、あまりにも理不尽な行動やったんで、現場終わったあと交番まで謝りにいってきました。もちろん、「なんじゃコイツ??」って感じで見られましたが。笑。そんな人おらんやろって気もしますが、なんか悪いことしたなって思ったんで。

とゆうわけで、どう考えても仕事する気力も無く、金曜日は諦めて帰った訳で。まあ、次の日グッドに滑りにいこうと企んでたのも帰った理由のひとつですが…。

さて、週明けまでにやろうと残してた仕事は意外とあっさり終わり、そこからは雨の中、車の大掃除。運転が荒いからぐっちゃぐちゃやし。どっちかってゆうと、車を片付ける為に行ってたんやないかってぐらい長い時間やってました。凝り出すと止まらない、偏ったA型はこれやから困る。でも、おかげでだいぶ片付いたかと。


はぁ〜、今週は仕事楽やったらええのにな〜…。
[PR]
by mssystk | 2006-07-18 00:32 | 仕事
腹八分目
予想通り、笑けるぐらい筋肉痛です。

さすがに超久しぶりのパークライドは堪えました。朝起きるのがほんまに辛かったです。大学やったら迷わず休んでたやろな…。

もうええ歳なんで、仕事にやる気が出せないのは非常にマズい。人間とは単純なもんで、ギプスをしてた時、言わゆる「逆境」にさらされた時は、満足のいく成果が出せずに歯がゆい思いをし「復帰したらめっちゃ頑張って働いたんねん!!」って思ってました。

しかし、いざ元気になってみると、ほかのことも普通にできるようになるので、必ずしもそのベクトルが仕事に向かへんもんですね。滑り過ぎもイカんなー。

食が減ったことも影響して、限界まで挑戦するより、ちょっと手前でやめるのもええなって思ってきました。死ぬほど食うた時、食うてる時は幸せやけどあとで気分が悪くなったりおなか壊したりであんまええことないですしね、まだちょっと食える状態でやめると、「うまかった〜!」って気持ちがわりと持続しやすいなって気づきました。スケートも「よっしゃ!ラスト○回!」って思った時点でやめとくのが、次の日のこととかトータルで考えるとええんでしょうね。


ただ、買いもん行った時だけは、我慢できずにいつも予算オーバー…。


物欲だけは未だに別腹です。
[PR]
by mssystk | 2006-07-12 00:56 | 雑談
あさって
今日は"g" skates parkで汗を流しました。(大量)

FILAくんの、都島で滑ろうとゆう誘いを振り切って…。

いつ振りかもわからんぐらい滑ってないグッドのセクション。少なくとも一年は滑ってませんね。最初はかなりチキンになってて、Rとゆうよりはコーピングやレールがやたら怖かった。

だってツルツルやし。

いつものことやけど、行く前に思ってたことの半分ぐらいしか試せませんでした。でも、パークおもしろいのでまた行くでしょう。コロコロ、カーキ、カヤキ君にも久々に会えたし。去年の秋にも会ってるけど、僕がスケートをはいた状態で会えたってことが何よりも嬉しかったです。見てるだけはやっぱしょーもないですから。自分も混ざらんとね。

そして、一年以上ぶりにハンドでSweat Stanceやってみましたが、、、、。

通せました。

偉いもんですね。これで自身を持って得意技と呼べるでしょう。しかし、ほかは全て全滅とゆうか飛ぶことすらビビってました。ロイヤルもびっくりするぐらい抜けたし…。

まだまだリハビリは長く続きそうです。

久々にパークで滑ったのでだいぶぐったりです。ひどい筋肉痛も予想されますが、残念ながらピークは間違いなく「あさって」でしょう…。
[PR]
by mssystk | 2006-07-10 00:56 | Inline skate
お利口さん
最後まで優しかったなー、もうだいぶしんどかったはずやのに…。


昨日の夕方、とうとうミケとお別れの時が来ました。

一昨日の晩、実家に立ち寄ると、玄関を入ったところでぐったりと伸びきってました。もう水も飲まなくなってたみたいです。意識も朦朧としてるようで、まばたきもしなくなってました。そやのに、呼びかけると声にならない声でちゃんと返事をしようとする。無視してくれても全然かまへん状況やのに。

昔から、名前を呼ぶとちゃんと返事をする、賢いとゆうか気ぃ使いーな猫でした。僕達がどうしたら喜ぶのか、逆に見透かされてるかのように。

そんな性格やから、水分を摂ってないと知って、なんとか水をやろうとしていた僕に気を使ったんやないやろか。その日は朝から全く水を飲もうともしーひんかったみたいやけど、口元に水の入ったお皿を置くと、それまで全然動かんかったのに、一生懸命水を飲み始めました。水を飲みながらも、自分が何をしてるのかさっぱりわかってなさそうな感じで。

その後、再びぐったりするも、時折見せるこっちを向こうとする動き。でもそれ以上動くのは無理そうな様子。一生懸命気持ちで答えようとしてくれてたんやろなー。もうそんな無理せんでええのに…、なんちゅう優しい猫や。それが最後に見たミケの優しさでした。

ここ最近、目頭が熱い日々が続いたけど、いつまでもそんなことではあかんしなー。猫やし喋ったり弱音を吐いたりせーへんからどんなにしんどいかは想像がつかへんけど、実は相当な痛みに耐えながら平静を装ってただけかもしれんし。そんな状態やのに、もっと生きててほしいって思うのも、ただの人間のエゴのような気もして。よく頑張ったって褒めてやるのが一番ええんやろな。


ただ、ほかの猫達は哀しいかなこの事態を全く理解してへんにゃろーなー…。その辺は冷たいと言うか、お利口さんじゃないなーって思う反面、生きていくってことはそんなに甘くないってことなんかなって思ったりもしました。
[PR]
by mssystk | 2006-07-08 01:30 | 雑談
scene
ちょっと間離れてただけやけど、めっちゃ蚊帳の外に出たような。

時の流れは早いもんで。この一年、客観的にインラインとゆうものを見てきたけど、みんなそれぞれやりたいこと、表現したいことに前向きに取り組んでるなーつくづく思った。あのカリスマスケーターも語ってたように、みんなが大人になってきて、自ら行動が起こせるようになってきたってことなんやろね。

この波に乗れてないのが非常に残念。web site を公開してる身としても、いまいち役に立ててないような。自発的なニュースがないし。

といっても、以前のようにがむしゃらに滑って、アホみたいな飛び込みをするなんて、恐怖心が許さへん。ザビみたいな飛び込みなんぞ、もってのほか。そー言えばザビ、チアキにも褒められとったなー。

「ザビってめっちゃ飛び込みええよなー!!、、、、、どーみてもメイクできそうにないのに。笑」

まあぼちぼち滑って、前みたいにあちこちに出没することもなく、滋賀スケーターのように、
「たまにしか滑ってへんのにうまいなー!」
って言われるぐらいになれたらええかな。

やっぱ理想は、健君があるインタビューで答えてた
「健君にとってインラインとは?」
「遊び」
って答えかな。

まず、楽しむことからリハビリやな。
[PR]
by mssystk | 2006-07-04 03:14 | Inline skate
実家通い
うちの実家のミケがだいぶ弱ってます。
d0018837_336422.jpg
中二のときに、僕の部屋のこたつの中で生まれた猫達。シロクロとゆう名の子猫は交通事故が原因で高一の時に亡くなりましたが、親猫のオヤ、子猫のシロ、クロ、ミケと4匹が実家で暮らしています。みんなメスです。安易ながらも親しみやすいそのまんまの名前です。

子猫といっても、人間の歳に換算するともう90歳のおばあちゃん達。オヤちゃんが生まれたのはたぶん子猫達の1年前くらいであまり変わらないと思います。みんなそれなりに老いの波に飲まれてきてるようです。

なかでも、ミケがリンパ腺の病気を患い、食欲をなくし痩せ細ってます。15年も同じ家で一緒に暮らしてきた「家族」が元気を無くしてるのを見るのは非常に辛い。でも、命には限りがあるもの。いつかは弱ってくるときがくる。それがわかってても辛いもんです。

ほんまかなんわー、何とか元気なってほしいなー。

写真はまだ元気な頃のミケ。置きもんみたいでおもろかったんで撮りました。
[PR]
by mssystk | 2006-07-01 03:36 | 雑談